花鳥風月―新潟の四季を味わう

彩りに気を配り、目にも美味しいお料理を。
きっとご満足いただける――料理長・齋藤 正彦が自信を持ってご提供いたします。

今月のお献立

今月のお献立

口取り

  • 海老とブロッコリーの炒め物
  • 小松菜としらすのお浸し
  • もずく酢
  • 蟹入り玉子焼き
  • 海老とブロッコリーは、炒め塩こしょうにて味付けをします。
    小松菜は、ボイルしお浸しの出汁にてしらすと和えます。
    もずくは、ゴミを取りのぞき色だしをして、合わせ出汁に漬けます。
    卵に蟹のむき身を入れ味を調え、焼いた後に巻きすにて丸くします。

お造り

  • お造り3種盛り
  • 当日の仕入れ状況により、三点盛りです。

焼物

  • 黒ムツ味噌焼き 鶏松風 酢取り
  • 黒ムツは、3枚に卸し味噌漬けにして焼きます。鶏肉をミンチし半分火を入れ、合わせ、流し缶に流し込み焼き上げます。蕪を菊に見立て甘酢に漬けます。

煮物

  • 鰤大根
  • 鰤のあらにて出汁を取り、戻した大根と一緒にじっくりと炊きます。

揚物

  • 黄金豚 タレカツ
  • 豚は、食べやすい大きさに包丁し、パン粉を付けカツにします。

皿物

  • ベビーリーフとトラウトサーモンのサラダ カシューナッツ添え
  • 野菜を洗い、サーモン、カシューナッを添えドレッシングをかけます。

食事

  • 新潟県産米 新之介御飯 香の物
  • 新之介のご飯です。

お椀

  • スープ仕立て 烏賊つみれ
  • 烏賊をミンチし団子を作り味を調えました。

水菓子

  • 果物
このページのトップへ戻る

お料理・お飲み物のシステムについて

  • 上記お献立は、乗舟料その他料金に含まれております。

6名様~10名様 お一人様 15,000円~
11名様~14名様 お一人様 12,000円~
15名様~30名様 お一人様 10,000円~

(乗舟料・お食事代・フリードリンク利用料・サービス料・消費税含む)

  • フリードリンクメニューは以下となります。
  • ビール
  • 日本酒
  • 焼酎
  • ウィスキー

  • ソフトドリンク(ウーロン茶/緑茶/オレンジジュース/アップルジュース)

  • お飲み物のお持ち込みもOKです。

  • 20名様以上のお申し込みについては、お料理の追加等についてもご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

料理長のご紹介

今月のお献立

学生の頃『堺正章主演の天皇の料理番』という洋食の料理人のドラマが有りました。
高校卒業後、新潟で3年、東京で15年ほど修行して新潟に戻り、その後2000年に『まさか、海外で働くなんて』と、オランダのホテルオークラアムステルダムの日本料理『山里』で2年間働く機会を得ました。

新潟育ちの私には、お米と水が美味しいのは生まれた時から当たり前のことでした。
しかしそれが全て違っていました。
日本では、形(見た目)や大きさは、揃っていて当たり前ですが、ヨーロッパでは形は不揃いで大根やかぶなどスが入っていて使えない状態でも平気で納品し、加えて日本の食材は高価で、思ったものを入手するのも長時間かかるため、そんな物でも智恵を絞って一つの形に作り上げました。
それは、日本では物が溢れ、使いたいものも揃っており、それが当たり前だった私には良い修練の場となりました。
現代は、物を作る事や考え方が機械的で料理もレシピ化されており、自分自身で失敗を繰り返し作り得た物ではありません。
調理場もだんだん合理化され、ある意味本当の日本料理を作るという事が少なくなってきているのが現状です。

昔と今では、『修行』という言葉の意味合いが違いますが、伝統を受け継ぐという事は、一緒だと思っています。
お陰様で学生時代に見たドラマのようではないにしろ皇室の料理にも携わる事が出来、それは作りたくて作れるものでなく、また誰でも出来る事でもなく料理人冥利に尽きると言えます。

新潟には、おいしい米、水、海産物、野菜など句の素材も豊富に有ります。
その食材をふんだんに使い、素材の持ち味を引き出し日本料理の伝統を守りつつ、時には和食の枠を飛び越えて、洋食中華を取り入れた料理の挑戦も試みております。

万代橋 四季折々と変わるやすらぎ提の樹木。
どこかアムステルダムの水辺に似ている気がします。
新潟の良いところを、料理を通じてアピールしていきたいと思います。

調理長 齋藤 正彦

このページのトップへ戻る

HOME  |  料理  |  遊覧コース  |  料金表  |  お問い合わせ

RSS表示パーツ